唇マッサージ

唇は最も目につきやすい部分ですが、意外に気を使えない部分です。

 

顔の皮膚の中で最も薄い部分でもあり、唾液や水などの水分がよく付いて蒸発しながら、最も乾燥する部分であるため、最も簡単にしわが生じる部分です。

 

くちびるのしわは、歳をとって見えるようにして、しわが多いほど、色が濁って魅力を落とすことになるので、いつもしわマッサージのようなシワなくす法を使用して管理をして上げる方が良いです。

 

 

まずは、片方の手の人差し指を上くちびるの上にもう一方の手の人差し指を下くちびるの下に当てた後、左右に振ってこすります。

 

徐々に弱い力で約20回程度繰り返してください。次に、両方の人差し指と中指を口元の端に当てて、笑うとき口角が上がる方向に力を与えます。約20回繰り返します。

 
両手の人差し指と中指を付けて、下くちびるの端の方に当てて、中央に集めるように力を与えて指圧しながら上にスライドさせます。上くちびるも同様に端に人差し指と中指を当てて、中央に集めるように下に指圧してスライドさせます。

 

上10回、下10回繰り返します。最後に、くちびるを前に突き出した後に、両手の人差し指と親指で上下のくちびるを一度に掴みます。

 

そして揉むようにマッサージをします。

 
次は、首を持ち上げて首を最大限に伸ばして、笑顔の表情を浮かべます。約30秒間この姿勢を維持してください。

 

簡単な動作ですが、くちびるの血液の循環を活性化させ、しわをなくすのに役立ち、首のしわの予防にも良いです。