唇周りのトラブル、口角炎対策

口角炎は口角つまり、口の端が炎症し、 切れたり腫れたりする口周りのトラブルです。

 

特に口を開けると、ぴきっと亀裂が入り大変痛みます。

 

口角炎の原因となるのはブドウ球菌やカンジダなどの真菌などで、疲れや風邪などで体の抵抗力が弱っていると、これらの細菌に感染しやすくなります。

 

また、小さな子供だとヨダレが原因で感染する場合もあります。

 

例えば糖尿病や貧血など他の病気やステロイド系の薬の長期服用でも感染しやすくなるようです。

 

口角炎の発症には栄養が大きく関係しています。

 

特にビタミンB2、B6、ナイアシン、ビタミンAといった栄養が不足すると発症しやすいです。

 

逆に言えば、これらの栄養を補給することで症状が緩和したり治すことができます。

 

炎症を抑えて粘膜を保護する働きがあるビタミンB2はレバー、いかなご、うなぎ、納豆といった食品に多く含まれています。

 

粘膜の強化をしてくれるビタミンB6はにんにく、まぐろ、酒粕などに多く含まれています。

 

ナイアシンは皮膚や粘膜の健康を保つ助けをしてくれます。

 

たらこなどの魚卵、レバー、マグロ、かつお、鰯などの青魚に多く含まれています。

 

ビタミンAは細菌に対する抵抗力を強化し、皮膚や粘膜を健康に保ってくれます。

 

レバーなど動物性食材にも多く含まれていますが、ほうれん草やよもぎなど青野菜に多く含まれているので積極的に食べたいものです。

 

ビタミンCも傷を治す働きがあり有効です。

 

一度に多く摂取しても体から排出されてしまうので、こまめに摂るようにしましょう。